2024/03/26

ショートステイ向いてる人の特徴は5つ!仕事内容や向いてない人の特徴も紹介

介護の知識

「ショートステイに転職を考えているけど、向いてるのかな?」

「仕事内容は難しいのかな?」

このように考えている人は多いのではないでしょうか。

ショートステイは、利用者が施設に短期間入所し、介護を受けられるサービスです。家族の体調不良や休息、旅行などで介護ができない場合に利用することが多いでしょう。ショートステイは介護力不足の間のフォローができるため、家族にとっては心強いサービスと言えます。

今回は、ショートステイに向いてる人の特徴や仕事内容、向いてない人の特徴を解説します。ショートステイの仕事に興味がある人は参考にしてください。

\自分にあった職場探しをサポート/

【予備知識】ショートステイの仕事内容を紹介

ショートステイは入所施設のため、24時間体制で介護が行われています。介護職員は24時間常駐しなければならず、日勤と夜勤の交代勤務です。下記のような流れで一日の業務が行われます。

時間業務例
7:00着替えをして身だしなみを整えます
7:30朝食
10:00機能訓練・入浴
12:00昼食
14:00レクリエーション活動・入浴
15:00おやつ
16:00個別活動・入浴
18:00夕食・余暇活動
21:00就寝準備

一日の流れに合わせて、利用者の介護をします。食事介助や排泄介助、入浴介助など身体介護だけでなく、レクリエーションや送迎といった業務もあります。

ショートステイに向いてる人の5つの特徴

ショートステイに向いてる人の5つの特徴

ショートステイは入退所が頻繁に行われるため、多くの利用者を介護してスキルアップを図りたいと考えている人におすすめできる施設です。以下の項目に当てはまる人は向いてるといえます。

  • 多くの利用者の介護をしたい人
  • コミュニケーション能力の高い人
  • 臨機応変に動ける人
  • 積極的に動ける人
  • 家庭的な雰囲気で働きたい人

一つひとつ解説します。

多くの利用者の介護をしたい人

多くの利用者の介護をしたい人にとって、ショートステイは働きたいと思える職場のひとつと言えます。ショートステイは介護が必要な利用者が短期間入所できる施設です。多くの利用者とかかわり、介護経験も多く積めるはずです。

自分のスキルアップにもつながり、多くの利用者さんの役に立つという達成感も得られます。

コミュニケーション能力の高い人

ショートステイは短期間の利用のため、短い期間で利用者や家族とコミュニケーションを築くことが求められます。コミュニケーション能力が高い人は、会話が苦手な人より早く信頼関係が構築できるでしょう。具体的には以下のような能力です。

  • 利用者や家族が安心できる
  • 利用者の話をしっかりと聞き、理解できる
  • 利用者の気持ちに共感して、寄り添える
  • 利用者や家族と信頼関係が築ける

コミュニケーション能力に自信がない人は、相手の立場に立って物事を考えたり言葉遣いに気を付けたりすれば、徐々に能力が高まっていきます。

臨機応変に動ける人

ショートステイは、利用者の入退所が頻繁に行われることが特徴です。利用者一人ひとりの状況を把握し、柔軟な対応が求められます。具体的には以下のような能力が必要です。

  • 利用者の状態を早く判断して、適切な対応ができる
  • 利用者の気持ちを察してサポートできる
  • 急な体調不良やトラブルでも、冷静に判断できる

実務経験を積み重ねることで能力は向上します。もともとこのような能力がある場合、ショートステイで活躍しやすくなります。

積極的に動ける人

ショートステイは、突発的に入所してくる利用者もおり、予定通りに業務が進まない場合も多くあります。ほかの介護職員が困っていたら、積極的に動き、手伝うなど気配りも必要です。積極的に動くためには、視野を広げて業務全体を見る必要があります。

たとえば、ほかの介護職員が急に利用者の送迎にいく場合、業務を代わりに行うことやほかの人と分担するなど、積極的に提案していきましょう。

自分の業務だけでなく、職場全体の一日の流れを考えられる人はショートステイに向いてると言えます。

家庭的な雰囲気で働きたい人

ショートステイは、少人数で運営している施設が多く、家庭的な雰囲気で過ごせます。一人ひとりの利用者と多くコミュニケーションをとりたいという働き方を希望する人に向いているでしょう。

利用者が大人数だとストレスを感じる人にとって、少人数で運営されているショートステイはおすすめです。

ショートステイに向いていない人の特徴

ショートステイに向いていない人は、以下のような特徴があります。

  • 人と接することが苦手な人
  • 責任感が弱い人
  • 変化に弱い人

一つひとつ解説します。

人と接することが苦手な人

ショートステイは、利用者や家族とのコミュニケーションも重要な仕事のひとつです。人との会話が苦手な場合は、ストレスを感じやすくなります。以下のような人は、ショートステイの仕事に向いていないかもしれません。

  • 人との会話が苦手
  • 相手の気持ちが理解できない
  • コミュニケーションが面倒

人とのコミュニケーションが苦手な人は、介護の仕事は難しいかもしれません。

責任感が弱い人

ショートステイ利用中は、利用者の健康や安全を守っていく必要があります。送迎時には、入所中に気を付ける点など、ほかの介護職員に伝えなければならない内容を家族より言われる場合もあります。周知を忘れたために、利用者の健康状態が悪くなったりけがをしたりする可能性もあり、注意しなければなりません。

具体的には以下のような人はショートステイに向いていないと考えられます。

  • 責任感がない
  • ほかの人に責任を押し付ける
  • ミスが多い
  • 時間が守れない

自分の責任を他人に押し付けてしまうなど、仕事に責任感がない人は、ほかの介護職員からも信用が得られません。

変化に弱い人

ショートステイは利用者の入れ替わりが頻回にあるため、環境が変化しやすい状況です。変化に弱い場合、仕事自体がストレスになるかもしれません。

以下に当てはまる人は、ショートステイに向いてない可能性があります。

  • 変化が苦手
  • 短期間に状況の把握が苦手

ショートステイの仕事を続けることで慣れていく場合もあります。

ショートステイで働くメリット・デメリット

ショートステイで働くメリットやデメリットはいくつかあります。自分が希望する働き方に合っているか確認してみましょう。

メリット

ショートステイで働くメリットとして、短期間で多くの利用者の介護が経験できる点です。利用者は要支援1から要介護5まで、身体機能や認知症状などさまざまな人が利用します。胃ろうやインスリンなど医療的処置が必要な利用者も受け入れている施設もあります。

多くのケースを担当することで、知識が蓄積されて介護技術も向上していくのがメリットです。

デメリット

ショートステイは短期間の入所で、連続で30日以下しか滞在できません。利用者の状態を把握して会話も多くできるようになっても、数日で退所してしまう場合が多く、長期的なかかわりが難しい介護サービスです。在宅介護のフォローをする施設であり、短期的なかかわりしかできないのがショートステイのデメリットです。

ショートステイは送迎業務が必ずあります。施設によって、施設長や生活相談員しか車の運転はしないなど決まっている場合もありますが、介護職員が行うケースも見られます。運転があまり得意ではない場合、送迎業務を行うことになればストレスとなりデメリットです。

ショートステイに転職するなら介護派遣の「ホップ」がおすすめ

ショートステイに転職するなら介護派遣の「ホップ」がおすすめ

ショートステイに向いてる人や向いてない人の特徴について説明してきました。「ショートステイの働き方が合っている」「ショートステイで働いてみたい」と思っている人も多くいるはずです。

介護派遣の「ホップ」は、介護派遣の転職をサポートしています。ショートステイで働きたいと考えていても、転職で失敗したくないと思っている人は少なくありません。転職活動は何から始めたら良いのかわからない人でも、専任担当のスタッフがあなたの不安や疑問に寄り添い、最適な派遣先を見つけます。

以前に介護の仕事をしていたスタッフも在籍しており、現場の苦労も良く把握しています。「まずは相談だけでも」という人でも、お気軽にご連絡ください。

\ショートステイへの転職をサポート/

ショートステイに向き不向きに関するQ&A

ショートステイの仕事に関する良くある質問についてお答えします。

  • ショートステイスタッフの仕事内容は?
  • ショートステイの夜勤の仕事内容は?

一つひとつチェックしていきましょう。

ショートステイスタッフの仕事内容は?

ショートステイスタッフの勤務は、日勤と夜勤にわかれます。日勤では以下のような仕事を行っています。

  • 食事介助
  • 排泄介助
  • 入浴介助
  • レクリエーション活動
  • 送迎業務

細かい業務内容は施設によって異なるため、転職希望先の施設の業務内容を確認するのがおすすめです。

ショートステイの夜勤の仕事内容は?

ショートステイには夜勤があります。以下のような業務が主になります。

  • 夕食の食事介助
  • 就寝介助
  • 夜間の排泄介助
  • 見守り・巡回
  • 朝の起床介助

要介護度の軽い利用者が多い場合は身体介護は少なくなり、体力はあまり使わずに事務仕事や見守り介助で終わる場合もあります。

筆者が施設で働いていた際には、介助が少ない利用者が多い場合、記録を記入したあとに休憩を多くとれる夜勤もありました。

関連記事:ショートステイの夜勤について詳しく解説した記事はこちら

ショートステイは介護スキルの向上を目指す人に向いてる!

ショートステイは、利用者の入退所が短期間に行われるのが特徴の介護サービスです。利用者の特徴や介助する内容など、短期間に把握する必要があります。

しかし、多くの利用者の介護に関われるメリットがあり、介護スキルを上げたい人には最適な職場です。

  • 多くの利用者の介護をしたい人
  • コミュニケーション能力の高い人
  • 臨機応変に動ける人
  • 積極的に動ける人
  • 家庭的な雰囲気で働きたい人

以上の項目に当てはまる人は「ショートステイに向いてる」といえるため、転職先として検討してみてはいかがでしょうか。

「ショートステイに興味がある」「詳しい話を聞きたい」と考えているなら、介護派遣のホップまでお問い合わせください。ショートステイがあなたに合うかを考えながら、最適な職場探しをサポートします。

\自分にあった職場探しをサポート/

著者情報 / 監修者情報

長谷部宏依(はせべひろえ)
介護職員として介護老人保健施設に入職。 その後介護福祉士を取得し訪問介護や訪問入浴、デイサービスで働く。 ケアマネジャーは20年の実績があり、100名以上の高齢者を担当。 認認介護や老老介護、介護拒否など困難事例も多く経験。 現在はWebライターとして介護記事を中心に執筆している。

カテゴリー