2024/01/26

【仕事内容あり】障害者グループホームの夜勤は本当に楽?選ぶ際の注意点も

介護の知識

「グループホームの夜勤は楽?どんなことをするのか知りたい」

「グループホームで夜勤をするメリットや注意点は?」

このようにお考えではありませんか。

メリットや注意点を把握しておかなければ、実際に働いてから「思ったよりもきつい……」と感じ、つらい仕事を続けなければならない恐れもあります。障害者グループホームの夜勤でつらい思いをしたくないとお考えの方は、最後までご覧ください。

介護人材サービスホップでは、業界経験の豊富なコーディネーターが、相談者にピッタリのお仕事探しをサポートします。グループホームの夜勤で、働きやすい仕事をお探しの方はぜひ一度相談してみてください。

\経験豊富なコーディネーターがサポート!/

【結論】グループホームの夜勤が楽かは人による!

グループホームの夜勤が楽かきついかは、人によって感じ方が大きく異なります。グループホームの夜勤は、夕方17時から翌朝9時ごろまで働くのが一般的です。おもな仕事内容は利用者の看護や介護、食事や入浴のサポートなどです。

日勤と比べてレクリエーション企画や外出などがない一方で、1人での対応を求められることがあります。生活リズムが崩れやすいというデメリットもありますが、夜勤専従という働き方にすると乱れをある程度解消できます。

手当がつくことによる高い給料も、夜勤の魅力です。したがって「グループホームの夜勤が楽か」は、個々のライフスタイルや価値観によって大きく異なります。

介護人材サービスホップでは、現場を熟知したコーディネーターがお仕事探しをサポートするため、ピッタリの職場を見つけられます。ご自身の価値観にあった働き方を模索したい方は、ぜひ相談してみてください。

グループホームの夜勤の仕事内容

グループホームの夜勤について、下記の観点から紹介します。

  • 仕事内容
  • 1日の仕事の流れの一例を紹介

基本的な仕事内容は日勤と変わりませんが、夜間に転倒や体調の急変などのトラブルが発生する可能性もあります。ひとつずつ見ていきましょう。

仕事内容

グループホームでの仕事内容は、基本的に日勤と夜勤で大きな差はありません。大きく下記の内容にわけられます。

  1. 入居者が安心して眠れる環境の確保
  2. 心身の健康管理
  3. 夜間の見回り
  4. 緊急時の対応
  5. 起床や就寝のサポート
  6. 排泄や入浴のサポート

利用者が急に体調を崩した際の応急処置や、必要に応じて医療機関への連絡なども求められます。したがって、介護や医療関連の基礎知識だけでなく、緊急時の対応能力も重要です。

夜勤は日勤に比べてスタッフが少ないため、1人で多くの仕事をこなさなくてはなりません。緊急時の負担は日勤と比べて大きくなる傾向があり、夜勤では気の抜けない状態が続きます。

1日の仕事の流れの一例を紹介

夜勤で働く場合の流れをまとめました。

時間帯業務内容
17:00

出勤

日勤からの引き継ぎ・申し送りの確認

18:00

夕食

利用者の食事介助(補助)・口腔ケア・臥床介助・おむつの交換

19:00食事の後片付け・入浴準備
20:00服薬介助
21:00

消灯(就寝)

1~2時間おきの巡回・コール対応・おむつの交換・トイレ介助

23:00介護記録の作成・事務作業の実施
03:00ほかのスタッフと交代で休憩
04:30朝食準備
06:00

起床

利用者の更衣介助・身体整容介助

07:00

朝食

朝食介助・口腔ケア・トイレ介助

08:00日勤への引き継ぎ・申し送りの実施
09:00退勤

このスケジュールは一例であり、施設や利用者の状況によって異なります。また、夜勤は少人数のため、臨機応変に対応しなければなりません。

グループホームで夜勤を選ぶメリット

グループホームで夜勤を選ぶメリット

グループホームで夜勤を選ぶメリットは、下記のとおりです。

  • 夜勤手当がつく
  • 日勤以外の選択肢が取れる
  • 日中の予定が立てやすい

夜勤勤務は、昼間を自由に過ごせるため日中の予定が立てやすく、趣味や家族との時間を充実させられます。具体的に見ていきましょう。

夜勤手当がつく

夜勤をする大きなメリットのひとつが「夜勤手当」です。夜勤手当は、夜間に働くことに対する報酬なので、基本給とは別に支払われます。

夜勤手当は施設によって異なりますが、1回につき5,000円程度が一般的です。これが月に10回分となると月収にプラス50,000円となり、年間では60万円の追加収入となり、夜勤手当が大きい施設の場合はさらに収入増が見込めます。

夜勤で働いている労働者は、高い給与を目的としている場合が多いです。施設によって金額や条件は異なるため、夜勤を希望する際には、確認しておくのがおすすめです。

日勤以外の選択肢が取れる

日勤のみ働ける人は検討対象になる求人情報が限られますが、夜勤ができる人は働き方の選択肢が増えます。夜勤ができない場合、全体の求人情報が多くても夜勤のみ募集しているグループホームばかりでは、応募すらかないません。

夜勤が可能な場合はすべての求人情報が検討の対象となるため、選択肢が広がり、より自分にピッタリの職場や求人に出会える可能性が高まります。仕事の選択肢を増やすためにも、夜勤も検討するのがおすすめです。

日中の予定が立てやすい

夜勤は、日中の時間を自由に活用できるというメリットがあります。日中の時間を有効活用できれば、日勤ではできないことにもチャレンジ可能です。たとえば、副業を考えている人は、スキルアップのために時間を活用できます。介護に関する資格取得を目標に勉強することで、給与アップも期待できます。

しかし、日中に無理をすると体調不良を引き起こしかねません。しっかりと休息を取り、自分の体調と相談しながらスケジュールを組むことが大切です。

グループホームで夜勤を選ぶ際の注意点

 グループホームで夜勤を選ぶ際は、下記のポイントに注意しましょう。

  • 生活リズムが崩れる可能性もある
  • 1人で対応できる介護スキルが求められる
  • 拘束時間が長い場合もある

夜勤は、生活リズムが崩れる可能性も高く、体調不良に陥りやすいという危険性があります。順番に見ていきましょう。

生活リズムが崩れる可能性がある

夜勤をはじめると、日勤とは異なる生活リズムで過ごさねばなりません。夜間に仕事をして、昼間に休息を取るというスケジュールは、よりしっかりとした体調管理が必要です。

昼夜逆転の生活は、下記のような体のさまざまな機能に影響を及ぼします。

  • 睡眠パターン
  • 食事タイミング
  • 体温調整

長時間の夜勤が続くと体内のリズムが乱れ、睡眠障害や食欲不振などの症状を引き起こしかねません。

家族や友人との生活リズムがずれることで、一緒に過ごす時間が減少する恐れもあります。適度な休息や栄養バランスの良い食事など健康管理に努めましょう。

1人で対応できる介護スキルが求められる

グループホームの夜勤は、スタッフの人数が日勤と比べて少ないのが一般的です。1人あたりの負担が大きくなるため、高い介護スキルが求められます。利用者に体調悪化や転倒などの緊急事態が起きた場合、自身の判断で介助を行わなければなりません。

介護職員に必要なスキルは実務経験や研修を通じて身につけられますが、自身で学ぶ意欲も重要です。夜勤は大変な面もありますが、自己成長の場とも捉え、スキルアップを目指しましょう。

なお、介護職員として身につけるべき知識やスキルは、下記の記事でまとめました。適切な対応ができるようにスキルアップしたい方は、ぜひご覧ください。

関連記事:介護職のスキルアップについて詳しく解説した記事はこちら

拘束時間が長い場合がある

障害者グループホームでの夜勤は、17時から翌朝9時まで勤務するのが一般的です。

1回のシフトで約16時間を拘束されます。食事やトイレなどの休憩時間は取れますが、利用者の安全を確保するために常に注意を払わなければなりません。また、状況によってはわずかな休憩時間しか取れないケースもあります。

自分にあったグループホームの夜勤をしたいなら介護派遣の「ホップ」がおすすめ

自分にあったグループホームの夜勤をしたいなら介護派遣の「ホップ」がおすすめ

グループホームの夜勤で失敗したくない場合は、介護派遣サービスのホップがおすすめです。ホップは、経験豊富なコーディネーターが仕事探しから就業中のサポートまで行います。

ホップの特徴は、下記のとおりです。

  • 給与とは別に、現金還元できるポイントが付与される
  • 勤務時間に応じた会員ランク制度
  • 通信サービスを無料で利用可能

勤務時間を積み上げるほど会員ランクが上がり、得られるポイント倍率が上がります。たとえば、500時間勤務(約3ヵ月)でレギュラー会員からブロンズ会員へアップし、ポイント倍率が3倍になります。したがって、従来の働き方で「何年も時給が上がっていない」と悩んでいる方におすすめです。

\単純明快なランク制度で時給アップ!/

障害者グループホームの夜勤に関するQ&A

障害者グループホームの夜勤に関してよくある質問に回答します。

  • グループホームの夜勤は何をしている?
  • 夜勤は仮眠を取れる?
  • グループホームに向いてるのはどんな人?

ぜひ参考にしてください。

グループホームの夜勤は何をしている?

グループホームの夜勤で行われる業務は、日勤と大きな差はありません。具体的には下記のとおりです。

  1. 夜間の見回り
  2. 緊急対応
  3. 利用者のサポート

安全確認や夜間の緊急対応が、夜勤の重要な業務です。定期的に見回りを行い、利用者の安全を確保します。

急な体調悪化や転倒事故などが発生した場合は、初期対応や医師への連絡もしなければなりません。勤務しているスタッフは日勤より少ない傾向にあるため、1人あたりの負担が多くなる場合もあります。

夜勤は仮眠を取れる?

夜勤中に仮眠が取れるかどうかは、グループホームの方針や状況によります。夜勤のスタッフが複数人配備されている場合は交替で仮眠を取れるケースもありますが、1人では事実上取れないことも多いです。仮眠を取りたい場合は、グループホームの運用をあらかじめ確認しておきましょう。

グループホームに向いてるのはどんな人?

グループホームでの夜勤は、下記のような方に向いていると言えます。

  • 利用者の気持ちを親身になって考えられる人
  • 気配りができる人
  • 障害への理解がある人
  • 健康で体力に自信がある人
  • 臨機応変に対応できる人
  • コミュニケーションが好きな人

夜勤の場合は、少ないスタッフで多くの業務をこなさなければなりません。ゆえに、「業務遂行能力」が高い人も夜勤に向いているといえます。

しかし、それ以上に利用者の気持ちを理解し気配りできる人でなければ、介護の夜勤を務めるのは困難です。「利用者さんの気持ちに寄り添えるか」は、向き不向きを判断する大きな材料といえます。

障害者グループホームの夜勤は自分にあった施設選びが重要

グループホームの夜勤はメリットがある一方で注意点もあるため、「楽か」は人によって異なります。同じ条件でも、楽と感じる人がいればきついと感じる人もいます。

手当日中の予定が立てやすいことなどメリットの恩恵を大きく感じる場合は、夜勤がおすすめです。一方で、生活リズムが崩れやすいことや1人で対応できるスキルが求められることに不安を感じる場合は、安易に夜勤を選ばないほうが良い可能性もあります。

夜勤のメリットや注意点を踏まえ、自分自身のライフスタイルやスキルに照らして考えることで、より良い仕事選びが可能です。

自分にピッタリのグループホームを見つけたいとお悩みの場合は、介護派遣サービスのホップがおすすめです。現場経験の豊富なコーディネーターがお仕事探しを徹底サポートします。まずは無料相談からはじめてみてください。

\コーディネーターが仕事探しをサポート!/

著者情報 / 監修者情報

古戸 竜也
株式会社ネオキャリアに入社し、人材業界へ。 いくつかの事業所を渡り歩いた経験を活かし、現在は株式会社プラス・ピボットの仙台オフィスに配属。 座右の銘は「無事是名馬」。年齢もあり、健康志向。 お客様には長~くお付き合いいただけるようコンプラ遵守を掲げます。

カテゴリー