2024/01/26

登録ヘルパーの仕事がない理由は3つ!仕事を増やしたいあなたに方法を伝授

介護の知識

「訪問介護の登録ヘルパーはちゃんと生活できるくらい稼げるの?」

「訪問介護の登録ヘルパーに登録しているけど仕事がみつからない」

訪問介護で登録ヘルパーとして働く際、仕事量や収入への不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、訪問介護の「登録ヘルパーで仕事がない理由」と「仕事がない場合に解決する方法」を解説します。

今から訪問介護で仕事を探す場合も「登録ヘルパーで本当に稼げるの?」などよくある悩みもあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

介護人材サービスホップでは、業界経験の豊富なコーディネーターが、相談者にピッタリのお仕事探しをサポートします。訪問介護の働き方に不安がある場合は、簡単登録をして相談してみてください。

\経験豊富なコーディネーターがお仕事探しをサポート!/

「訪問介護の登録ヘルパーは仕事がない」と言われる3つの理由

「訪問介護の登録ヘルパーは仕事がない」と言われる3つの理由

「登録ヘルパーは仕事がない」と言われる理由は下記の3つです。

  • 働きたい時間に仕事がない
  • 急遽仕事がキャンセルになる
  • 未経験者が仕事を獲得するまでに時間がかかる

「働きたい地域に希望する利用者が少ない」など根本的な問題を除くと上記の3つが、仕事がないと感じる大きな要因です。

ひとつずつみていきましょう。

働きたい時間に仕事がない

登録ヘルパーは、希望する時間の仕事がない場合もあります。

訪問介護は利用者の需要に左右されるため、ヘルパーの希望する時間と利用者のニーズが一致しなければ仕事の依頼が入りません。

たとえば、夕方から夜にかけての時間帯に働きたいヘルパーがいても、その時間帯にサービスを必要とする利用者が少なければ、仕事の機会は限られます。

希望する時間帯に仕事が少ない場合、ほかの時間帯にも対応できるように調整する必要があるでしょう。

急遽仕事がキャンセルになる

登録ヘルパーは、予定されていた訪問介護の仕事をキャンセルされる可能性があります。

利用者の急な体調不良や都合により、急にキャンセルされる場合です。

急なキャンセルは仕事のモチベーションにも影響しやすいので、あらかじめキャンセルがあることを理解しておきましょう。

利用者の入院などで長期にわたって仕事がなくなってしまうと、収入面にも直結してしまうので複数の案件を抱えるなどの対策が必要です。

未経験者が仕事を獲得するまでに時間がかかる

介護業界の未経験者は、仕事を確保するまでに時間がかかります

介護未経験者の場合は、介護の質やコミュニケーションスキルで経験豊富なヘルパーに比べても、不利となってしまうためです。

そのため、はじめのうちは実績と信頼を得ることが重要となります。

未経験者でこれから登録ヘルパーの仕事を獲得していきたい場合は、育成やサポート体制が充実している派遣企業に登録しましょう。

訪問介護の登録ヘルパーが仕事を増やす4つの方法

訪問介護の登録ヘルパーが、仕事を増やすためにできる4つの方法を紹介します。

  • 仕事を選びすぎない
  • 自分のスキルを上げる
  • 登録している派遣会社を変える
  • 掛け持ちして仕事を獲得する

仕事量だけではなく安定した収入にもつながる内容ですので、該当する部分はぜひチェックしてみてください。

順番にみていきましょう。

仕事を選びすぎない

登録ヘルパーで仕事を増やしたい場合は、条件や時間帯に固執せず、幅広い案件に対応することが重要です。

たとえば、朝の時間帯のみ働きたいヘルパーが、夕方にも短時間の案件を入れると、より多くの仕事を確保できます。

思うように仕事を獲得できない場合は、時間帯や勤務地を拡大するなど条件を広げ、より多くの案件を確保できるようにしましょう。

自分のスキルを上げる

介護ヘルパーがより多くの仕事を得るためには、スキルアップが鍵となります。

資格取得や研修参加を通じて専門知識を深めることで、介護の質を高め、より多くのクライアントから選ばれるでしょう。

たとえば、認知症ケアの専門資格を取得したヘルパーは、認知症を抱える利用者への特化したケアを提供でき、認知症分野での需要を高めることに期待できます。

また、スキルアップにより専門性の高いサービスを提供できるようになると、報酬面での向上も期待できるでしょう。

身につけるべき知識やおすすめの資格は、下記の記事で紹介しています。スキルアップを目指す場合は参考にしてください。

関連記事:介護職のスキルアップは資格だけじゃない!身につけるべき知識と研修も紹介

登録している派遣会社を変える

訪問介護の仕事を増やすためには、派遣会社の見直しも有効です。

仕事の案件が多く、好条件や福利厚生を提供する派遣会社に登録し直すことで、仕事の機会を増やせます。

派遣会社によっては、スキルや経験にあわせて適切な仕事を紹介してくれるため、しっかりと選びましょう。

キャリアアップを目指す場合も相談に乗ってくれる派遣会社を選ぶのがおすすめです。

介護人材サービスのホップでは、独自の福利厚生や介護職経験者のコーディネーターがいるので、未経験者やブランクがある方でも安心して登録できます。

\簡単登録はこちらから!/

掛け持ちして仕事を獲得する

複数の派遣会社の掛け持ちで、仕事を増やす方法もあります。

たとえば、一つの派遣会社では主に短時間を、別の派遣会社では長時間の仕事を担当するなど異なるタイプの仕事を組み合わせるのもおすすめです。

掛け持ちする場合は、労働時間の管理や各派遣会社とのコミュニケーションを適切に行いましょう。

別の派遣会社を探す前に、現在の担当者に、ほかに入れられる仕事がないか確認することから始めるのがおすすめです。

そもそも登録ヘルパーは稼げる?収入形態を紹介

訪問介護における登録ヘルパーの収入は、仕事内容や地域、経験、保有資格によって違いがあります。

一般的に登録ヘルパーは時給制で支払われることが多く、地域や登録先によって変動する条件を確認しましょう。

派遣会社によっては、交通費や特定の資格に対して手当が支払われます。

単純に時給だけで判断するのではなく総合的に判断して派遣会社を選びましょう。

登録ヘルパーに仕事がないことに関するQ&A

訪問介護の登録ヘルパーが直面するよくある問題に関する質問と回答をまとめました。

仕事量や、キャリアの不安に対する具体的なアドバイスとして紹介します。

「登録ヘルパーを辞めたい」と悩んでいるときはどうしたらいい?

辞めたいと感じたときは、悩みの根本となる原因を明確にしましょう。

仕事量の不足、職場環境、給与など具体的な問題点を特定することが大切です。

派遣会社のサポートや条件に関するものであれば、登録している会社との相談で解決できる可能性があります。

どうしても解決策がみつからない場合は、転職を考えるのも一つの手です。一人で悩みを抱え込まず相談してみましょう。

掛け持ちするときの注意点は?

掛け持ちで働く際は、労働時間の管理が最も重要です。

各派遣会社の勤務時間を適切に調整し、オーバーワークにならないよう注意する必要があります。

感覚的に働くのではなくそれぞれの派遣会社の規定や契約内容をしっかりと理解し、スケジュールの衝突が起きないように計画を立てるのがおすすめです。

とくに、健康管理に留意し、無理なく働けるバランスを心がけましょう。

介護職の将来性が不安なんだけど……。

介護職の将来性に関する不安は多くのヘルパーが抱える問題です。高齢化社会の進展に伴い、介護職の需要は増加傾向にあります。

仕事の安定性や給与の面で不安な場合は、スキルアップや資格取得を通じて専門性を高めること、さまざまな勤務形態を検討することが重要です。

また、介護業界の動向や政策の変化にも注意を払い、将来に備えるための情報収集を心がけましょう。

介護の将来性がないと言われる理由や不安の解決方法に関しては、下記の記事で紹介していますので、ご覧ください。

関連記事:なぜ「介護職には将来性がない」と言われる?現状と将来性についても解説

仕事がない登録ヘルパーでもできる対策はある!

仕事がない登録ヘルパーでもできる対策はある!

訪問介護の登録ヘルパーが仕事不足に直面する要因は、希望の時間帯に仕事がないことや急なキャンセル、未経験者のスタートアップの困難さです。これらは収入の不安定さやキャリア成長の遅れにつながるリスクがあります。

問題解決のためには、さまざまな仕事を受け入れる柔軟性スキル向上派遣会社の変更複数の職場での掛け持ちが有効です。給与の面で悩んでいる場合は、掛け持ちによる収入の増加方法を探ることも検討してみてください。

もしどの派遣会社に登録するのがいいかわからない場合は、介護派遣サービスのホップがおすすめです。現場経験の豊富なコーディネーターがお仕事探しを徹底サポートします。まずは無料相談からはじめてみてください。

\経験豊富なコーディネータに相談できる!/

著者情報 / 監修者情報

井手 宏明
2020年 株式会社ネオキャリアに中途入社。 福岡支店の支店長、エリアマネージャーを兼任。 2023年 プラスピボット入社。 ホップの新宿オフィス⇔福岡オフィスにて奮闘中 20代より色々な業界に関わってきた知見を活かし、ミドル層として今後の若手育成にも注力。 毎朝耳にする曲は河島英五さんの【時代おくれ】 人生100年時代、クライアント、スタッフに寄り添った営業活動をモットーに介護業界の問題を我々が解決に導きます。

カテゴリー